歯科で笑顔はつくれる

入れ歯を作ってもらったけども痛いときに歯科医師に相談

歯科で笑顔はつくれる 8020運動と言われるものがあります。これは80歳で20本の歯を残すようにしましょうとするものです。歯については年齢によってどうしても抜けてしまうものです。1本抜ければ差し歯などで対応することになり、複数本抜けてくると入れ歯などを使うことになります。自分の歯ではないので違和感があるのはしかたのないことですが、なんとか食事をしたりすることができるようになります。少しずつ慣らしていくようにしなければいけません。

歯科医院で入れ歯を作ってもらいました。初めて作ってもらって、初めて装着しました。見た目は普通の歯と変わりません。色も周りの歯の色と似せてくれているので歯全体が見えた時もそれほど違和感がありませんでした。それは嬉しかったのですが、いざ食事をしようとするときに困りました。噛むたびに痛みが走るのです。クリニックで噛んだときはほとんど何も感じなかったのですが、少し調子に乗って固いものを食べようと下からかも知れません。

先生に聞いてみると、最初はあまり固いものは避けて柔らかいものから徐々に食べるようにしてくださいとのことです。慣れてくれば固いものでも食べられるようになると言われました。それでも合わなければ削ったり調節をすることは可能なようです。

Copyright (C)2022歯科で笑顔はつくれる.All rights reserved.