歯科で笑顔はつくれる

歯科医師に妊婦が歯が悪くなりやすいことについて聞く

歯科で笑顔はつくれる 一子を生めば一歯を失うと言われることがあります。それぐらい出産とは大変なことを表しているのでしょう。今の人達はそれほど出産をしないかもしれませんが、昔の人は農作業の働き手を得るために子どもを何人も作ったと言われます。また、跡継ぎの子が欲しいと男の子を生もうとしたとも言われます。ではなぜ歯を失うのかです。そのことについては歯科医師が知っているのではないかと思い聞いてみることにしました。

まず定説として言われていることは、カルシウムが子どもによって失われるからではないかとのことです。確かに母親の栄養分がどんどん子供の方に行くようにはなっています。でも母親のカルシウムが子どもにどんどん流れるわけではありません。また流れたとしてもそれによって歯が悪くなるわけではないようです。一つにはホルモンバランスの変調があるようです。これは体質も影響するでしょうから人によって異なるでしょう。その他にあるのはライフスタイルの変化です。

子どものために食事をたくさん取ろうと間食が増え、そのために口内環境が悪くなる、妊娠中のつわりなどで歯磨きをするのが億劫になるなどがあります。結構ちょっとしたことで歯を悪くしているのです。逆に気をつけやすいとも言えます。

オススメサイト

Copyright (C)2022歯科で笑顔はつくれる.All rights reserved.