歯科で笑顔はつくれる

妊娠中に歯の治療をしてもいいか歯科医師に聞いておく

歯科で笑顔はつくれる 妊娠中といいますと食べるものなどに気をつけないといけないと言われます。通常は食べてもいいものでも控えたり食べ過ぎないようにしないといけないと言われます。薬は特に気をつけないといけません。病院に行く場合にはまずは産婦人科で相談をすることになるでしょう。風邪などの内科的なことであればこちらで診てもらえることが多くなります。問題は歯科です。さすがに歯については産婦人科で診てもらうことはできないと思われます。

妊娠中になると歯の治療を受けることができるかどうかです。こちらについては受けることは可能とされています。レントゲンであったり麻酔などについても全身に影響するものはありません。顔の部分や口の部分に集中して行うものですから胎児に影響することはありません。ただし避けたほうがいい時期はあります。妊娠初期は不安定な状態ですからその時期に治療をするのであればもう少し待ちたいです。安定期であれば問題が少なくなります。

更に妊娠が近づいてきても治療が難しいです。妊娠と重なるようなことになると大変です。また、出産後はしばらく病院に行くことができなくなったりします。安定期にすべて治療を終えておけば、産後しばらくも行かなくても大丈夫でしょう。

Copyright (C)2022歯科で笑顔はつくれる.All rights reserved.